その他 中国留学 中国語 英語

中国留学で英語を伸ばす!?中華圏への留学で英語力を維持&伸ばす方法

更新日:

こんにちは。中国留学といったら、中国語ですよね。でもちょっと待ってください。中には英語を勉強しているけれど、在籍している大学の提携先や費用面で英語圏に留学できないという人はいませんか?まさに私がそうでした。私が在籍していた大学は英語圏への留学はあるものの、交換留学ではなく私費留学に近い側面があり、日本の学費+留学先の学費をいくらか払う必要がありました。そのため、私は英語圏への留学をあきらめ、中国へ留学したのですが、中国語と同時にもちろん英語も伸ばしています。

中国留学で英語を伸ばすことは可能?

中国は人口が多いだけあり、日本よりも英語が話せる中国人が圧倒的に多くいます(もちろん話せない中国人も多くいますが)。そのため、中国へ留学するという方でも、場合によっては中国語だけでなく英語も伸ばすことが可能なのです。

私自身、中国へ留学する前すでにTOEFL iBTで85点ありましたが、中国へ留学することでスピーキング力を高めることができましたし、また中国語も留学前は中国語検定3級にぎりぎり合格したレベルでしたが、中国への8か月の留学で英語力の維持と同時に中国語もHSK 5級レベルまで伸ばすことができました。

ということで、中国留学で英語を伸ばすための秘訣をいくつか紹介していきます。

中国留学で英語を学ぶ方法

中国の大学では英語を専攻にしている大学生は大学英文考试(通称College English Test)を受ける必要があります。日本の大学レベルにもよりますが、総じて中国人のほうが英語が話せる、もしくは積極的に話してきます。

そして、彼らは「日本人=英語が話せない」と思っています。そして、彼らの想像は概して間違いではありません。日本人が全員英語ができないとは言いませんが、中国に留学してきている日本人は英語が苦手だからという理由で中国語を選択している留学生が多い印象です。

しかし、もし、中国の留学で英語を伸ばしたいと思っているのなら、これは絶好のチャンスになります。少々バカにされている感があるので、そこを乗り越える度胸は必要となりますが、同じアジア人のつたない英語ですので、同じように自分に自信をもって話せば大幅に伸びることでしょう。

英語クラブへ潜入してみる

一番手軽で、気軽に参加できるのが英語クラブです。中国の多くの大学では日本のクラブ活動のような形で英語クラブが作られています。大学によって特色があり、外部の社会人も参加できるものもあり様々です。現地の大学生へ聞けば、開催している日時と場所を教えてくれると思いますので、気軽に聞いてみてください。

ちなみに、英語クラブは中国語で英语角(yīng yŭ jiǎo)です。

大学によって特色があるので、何とも言えませんが、私の在籍していた西北大学では夜、教室や広場に集まって英語を使った交流を行っていました。基本的に中国人は下手な英語でも練習をしようとする意識た強く、積極的に話してきます。

日本人だと、英語話せないんじゃない?というような感じで話しかけてくるので、少し勇気と度胸が必要ですが、それさえ乗り越えれば英語を伸ばすことが可能になります。

英語専攻の学生と授業を受けてみる

大学によってこの辺は可否が異なってきますが、興味があるなら英語専攻の学生を捕まえて授業を聴講してみてください。日本でも最近は増えてきましたが、中国では英語で専門的なことを学ぶ授業が多くあります。

英語を選考にしている学生は、英語だけでなく、英語を使って専門的なことを学んでいるので非常に高度な英語力を身につけることができます。加えて、中国人は積極的ですのでスピーキングもバンバン行っています。

日本の大学とは異なる雰囲気で受けられるので新鮮ですし、何よりも同じアジア人が頑張っているのを目の当たりにすることで非常によい刺激になるでしょう。

Toastmasters Clubへ参加してみる

大学の英語クラブとは別に、外部の英語スピーチクラブ、Toastmasters Clubも盛んに開催されています。主要都市であれば多くのところで実施されているので気になる方は確認してみてください。

Toastmasters Clubはパブリックスピーキングの向上を目指したクラブです。中国のToastmasters Clubのレベルは非常に高く、参加したらびっくりするレベルです。

かなり高度なパブリックスピーキングが行われるので最初はビビるかもしれませんが、中国の留学で英語を伸ばしたいというのであればぜひ参加してみましょう。中国人だけでなく、英語圏の人たちとも運が良ければ交流できるでしょう。

50RMB~参加費がかかりますが、高くありませんのでぜひ参加してみてください。

なおToastmasters Clubについては別記事でまとめてありますので詳細が気になる方はそちらも併せて確認してみてください。

プレゼン
TMCって?Steve JobsやTEDのようにカッコいいプレゼンを目指そう!

こんばんは。Steve Jobsのプレゼンってめちゃくちゃカッコよくないですか?英語を学習していると、TEDをご存知かと思います。TEDでプレゼンをする人たちは国籍も様々ですが、皆さんプレゼンがうまい ...

続きを見る

まとめ

いかがでしたでしょうか。

中国への留学で英語を維持、もしくは伸ばすことは決して不可能ではありません。むしろ、日本人よりも積極的な中国人の性格とうまくかみ合えば、中国語だけでなく英語も飛躍的に伸びることでしょう。

中国では世界第二位の経済大国になったとはいえ、アメリカやイギリスへのあこがれが強い側面があります。そのため、日本人以上に英語圏への留学を目指してTOEFL(托福)やIELTS(雅思)を勉強している学生が多くいます。

特に大学の英語学科の学生となれば、通訳を本気で目指している学生や、英語圏への大学院への留学を本気で目指している学生が多くいます。そんな彼らと交われば、英語圏ではない中国でも英語力を伸ばすことは可能です。そして、彼らと友達、いいえ良きライバルとなれば、非常に良い刺激になることでしょう。

-その他, 中国留学, 中国語, 英語
-,

Copyright© 目指せ、ヘキサリンガル! , 2018 All Rights Reserved.