フランス語 書籍

複雑なフランス語の文法もこれがあれば完璧!?おすすめの文法書

更新日:

フランス語を勉強しているとぶち当たるのが文法の壁ですよね。特に英語を勉強してからフランス語を始められた方は、なぜあんなにフランス語の文法は複雑なのだろうと感じるはずです。そこで必要になってくるのがフランス語の文法書です。初心者から上級者までおすすめの文法書があるので紹介します。

フランス語の文法は非常に複雑です。以前フランス語の先生に「なぜフランス語の文法は不規則が多いのか」と聞いたことがあります。帰ってきたのは「フランスの大学などでも文法については議論になるほど複雑だ」とのこと。余計にややこしくなりました(苦笑)。形容詞の位置だとか、アポストロフィだとか、ルールがあるんだか、無いんだか。。それでもフランス語は勉強しなければなりませんね。

入門者向けの文法書

まず、フランス語入門者にぜひおすすめしたいのが白水社の出している「フラ語入門、わかりやすいにもほどがある!」です。発音の読み方(カタカナですが)もついていて、かつCDも付属しているのでフランス語の読み方がわからないという入門者には非常におすすめです。

フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!(CD付・改訂版)

フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!(CD付・改訂版)

清岡 智比古
1,728円(12/15 11:20時点)
発売日: 2009/10/08
Amazonの情報を掲載しています

フランス語の文法は非常にわかりにくいのですが、この参考書はとても分かりやすく簡潔に説明されています。レイアウトも簡素で見やすく、初めての文法書としてはおすすめです。フランス語検定3級ぐらいまでであれば、これだけでも十分対応できます。中、上級レベルの内容はカバーされていないので、より上を目指すのであれば、別の文法書も購入しましょう。

なお、参考書形式にはなっていますが、おすすめはほかのフランス語の参考書とセットで使うことです。どちらかというと文法の説明が主になるので、入門者でこれからフランス語を勉強する、という方は他のフランス語テキストとセットで使うことをお勧めします。

初級から上級者向けの文法書

次におすすめするのが、NHK出版の「これならわかるフランス語文法 入門から上級まで」です。ものすごい分厚い本ですが、例文なども豊富にあり、非常にわかりやすい解説が入っています。

NHK出版 これならわかるフランス語文法 入門から上級まで

NHK出版 これならわかるフランス語文法 入門から上級まで

六鹿 豊
3,888円(12/15 11:20時点)
発売日: 2016/11/22
Amazonの情報を掲載しています

これは「入門から」となっていますが、最低限のフランス語文法や読み方を習得した方向けの作りになっています。フランス語検定4級、3級ぐらいからの方対象です。

こちらは辞書のようなレイアウトになっていて、わからない文法はインデックスから簡単に見つけることができます。入門から上級(フランス語を専門的に使っている人)まで幅広いレベルをカバーしています。値段が少々張りますが、フランス語をとことん突き詰めたい方にはおすすめです。

フランス語の文法は不規則なものが非常に多いです。なぜここではこうなるのに、別のところではまた別の形になるのか。フランス語をある程度勉強された方はだれもがそう感じるのではないでしょうか。そういったものにも、可能な限り解説をしてくれているのが非常に良い点です。

前略 形容詞の問題を意味の点からみると、おおよそ次のように考えられます。

  • 名詞の後にくる場合は、客観的な性質により名刺を種類分けする
  • 名詞の前にくる場合は、名詞に主観的な印象を付け加える

形容詞の説明 134ページより一部抜粋

これだけでは少々わかりづらいので、この後に膨大な例文を伴った説明が入ってきます。

フランス語の「わかりづらい」文法に対して、できる限りわかりやすく説明し、かつ例文を伴うことでより理解を深めるような作りになっているのが非常に素晴らしいところです。

欠点としては、非常に情報量が多いためサイズが大きくなってしまっているところです。持ち運びに不便なのが少々残念ですが、文法書はそういうものだと割り切って使えばよいでしょう。

↓↓ブログランキング参加中です!↓↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ 

ボタンをクリックして応援していただけると、更新頻度が上がります!よろしくお願いいたします!

-フランス語, 書籍
-,

Copyright© 目指せ、ヘキサリンガル! , 2018 All Rights Reserved.