英検 英語

リスニング力を徹底的に強化!英検1級リスニング対策はこれをやろう!

更新日:

英検1級突破のためにはリスニング力も強化しなければなりません。リスニングは過去のデータから比較的得票しやすいセクションではあるようですが、それでも難しいことに変わりはありません。1級レベルになるとリスニング教材も少なく、英語ニュースなどで勉強せざるを得なくなってきます。そこで、おすすめなのがTOEFLのリスニング教材を併用した勉強方法です。

英検1級攻略!おすすめのリスニング教材

英検1級のリスニングを突破するためには徹底的に英語を聴き込む必要があります。勉強方法は「量+質」です。簡単な英語を量こなしても伸びませんし、難しい英語をわずかしか聞かなければ決して伸びません。そこで量と質を兼ね備えた教材をいくつか紹介します。

英検参考書

最短合格!英検1級リスニング問題完全制覇

最近は英検1級用のリスニング教材も増えてきて1級の勉強がしやすくなりました。まず絶対に外すことができないのが2018年5月に発売されたCELソリューションズの「最短合格!英検1級リスニング問題 完全制覇」です。

(CD-ROM1枚&無料音声DLつき)最短合格! 英検1級 リスニング問題 完全制覇 (英検最短合格シリーズ)

(CD-ROM1枚&無料音声DLつき)最短合格! 英検1級 リスニング問題 完全制覇 (英検最短合格シリーズ)

CEL英語ソリューションズ, ジャパンタイムズ
2,592円(11/14 20:33時点)
発売日: 2018/05/31
Amazonの情報を掲載しています

この本はリスニング問題の量が半端ありません。合計で150問以上のリスニング問題が一冊にまとめられています。もちろん質も英検1級の過去5年分のデータを分析し作成されているので、非常に良質な問題が数多く取り揃えられています。迷ったらまずはこの本を買って試験に備えましょう。

英検1級リスニング問題150

次におすすめするのが旺文社の出している「英検1級リスニング問題150」です。出版が2006年と少し古いですが、十分今の英検にも対応できます。これも前述の本と同じく、「量と質」を兼ね備えている教材です。

英検1級リスニング問題150 (英検分野別ターゲット)

英検1級リスニング問題150 (英検分野別ターゲット)

2,484円(11/14 20:33時点)
発売日: 2006/03/01
Amazonの情報を掲載しています

上記で紹介した2つは非常におすすめです。1級リスニングのバイブルといっても過言ではないでしょう。1級を受験するのであればぜひそろえてみてください。上記のほか、過去問題集など合わせて活用するとより効果的です。

TOEFL参考書

次に紹介するのがTOEFLのリスニング教材です。私のように英検1級に何度も落ち続け(合格まで準1級から3年ほどかかりました)、長年勉強していると教材が徐々になくなってきてしまいます。そこでおすすめなのが、TOEFLのリスニング教材です。TOEFLのリスニングレベルは非常に高いので英検1級に応用が可能なのです。私が使用したのは中国で入手した「托福考试 听力特训」という本です。日本のAmazonでも売っていますが、少々高めですね。興味のある方は購入してみてください。

TOEFLテスト集中攻略リスニング

中国版のTOEFL教材は個人輸入するか、Amazonで購入することで若干値が張ってしまいます。そこで日本で簡単に入手できるおすすめのTOEFLリスニング教材を紹介します。

まずおすすめするのが2018年3月に発売されたトフルゼミナールの「TOEFLテスト集中攻略リスニング」です。発売されたばかりですが、購入してみると内容が非常によくできていました。これも「量と質」が確保されたおすすめの参考書です。

[音声ダウンロード付き]TOEFLテスト集中攻略リスニング

[音声ダウンロード付き]TOEFLテスト集中攻略リスニング

2,808円(11/14 20:33時点)
発売日: 2018/03/30
Amazonの情報を掲載しています

TOEFL ITPテストリスニング問題攻略

もう一つおすすめなのが、旺文社の出している「TOEFL ITPテストリスニング問題攻略」です。こちらも同じくTOEFL ITP模試3回分が入っており、非常におすすめの参考書です。

ポッドキャスト

さて、上記で紹介した教材はあくまでも試験に即したリスニング対策の教材です。リスニング力の強化には日々のリスニングが欠かせません。特に英検で出題されるのは時事問題やインタビュー問題など、旬の話題が取り上げられますので、情報収集もかねて英語ニュースなどを聴いておくのがおすすめです。

Let's Read the Nikkei in English

まずおすすめしたいのが、ラジオ日経が配信している「Let's Read the Nikkei in English」です。Weeklyで配信されていて「Nikkei Asian Review」の記事に沿った内容で構成されています。Nikkei Asian Reviewはアジア地域の経済、政治を中心に扱った英文雑誌です。英検1級の対策にはもってこいの内容になっています。

めざせ1級!英語上達者への道

次におすすめなのが、英検協会の配信している「めざせ1級!英語上達者への道」です。残念ながら配信は2015年6月を最後に終わってしまいましたが、2012年度分2013年度分2014年度分と過去のデータはダウンロードできるので、まだ聞いたことがない人はぜひダウンロードしてみてください。

英検協会の配信しているものなので、英検1級の内容に即していることはもちろん、試験対策のポイントなども含まれているので聞いて損はありません!

Intelligence Squared U.S. Debates

最後におすすめするのが、IQ2USの配信している「Intelligence Squared U.S. Debates」です。これはアメリカでIQ2USが主催しているディベート大会の内容をポッドキャストにして配信しているものです。内容も政治や環境、社会問題など幅広いトピックをカバーしています。また参加者も様々で英語もアメリカン英語から、ブラックイングリッシュ、スコットランド訛りなど様々な種類の英語が出てきます。英検1級リスニングの最終問題はリアルインタビュー問題で一般の人の話す英語が問題ですので、様々な英語になれるためにも、このポッドキャストはおすすめです。

上記で紹介した以外にも、NHK World English NewsWall Street Journal などなど、ほかにも英語のポッドキャストは探せば山ほどあります。上記以外にもいろいろ探してみて、気に入ったポッドキャストを見つけてみてください。

リスニング教材の活用法

さて、上記で紹介したリスニング教材、そのまま聞いて活用するのもよいですが、試験対策を考えるのであれば、ぜひ速聴を心掛けてください。1倍で聴いていると、実際の試験で音声は1倍でもなかなか難しいです。おすすめは1.2倍~1.5倍速の間で聴くことです。1.5倍速で聴いていると、実際の試験の英語が非常にゆっくりに聞こえ、ほぼ100%聞き取ることが可能です。また、リスニングに余裕が生まれるため、問題を解くのも楽になります。

iPhone、Androidでの再生速度変更アプリについては「のらLisker」さんがまとめてくれていますので、そちらを参考にしてみてください。

私は最初は1.2倍速から始め、試験前は1.4倍速で聴いていました。1.2倍速でも最初はかなり早く感じますが、慣れるとどうってことはありません。おかげで試験の英語はすごく遅く感じられ、試験に集中することができました。おかげでリスニングは34点中、30点(2問不正解)と過去最高のスコアで合格することができました。

まとめ

英検1級の教材は近年徐々に増えてきています。しかし、それでも準1級以下のレベルに比較するとまだまだ少ないのが現状です。1級は難易度が高いため何度も挑戦されるケースがほとんどだと思います。何度も挑戦しているうちに参考書もなくなってきてしまうでしょう。そんな時はTOEFLやIELTSなどほかの試験用の参考書を転用してみてください。

また、何度も不合格を経験しなくていいようにも速聴を身につけて試験に臨むようにするとよいでしょう。

↓↓ブログランキング参加中です!↓↓

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ 

ボタンをクリックして応援していただけると、更新頻度が上がります!よろしくお願いいたします!

-英検, 英語
-, ,

Copyright© 目指せ、ヘキサリンガル! , 2018 All Rights Reserved.